さんぽうグループ全体基本理念

究極な非営利の確立と、価値ある営利の実現を目指す

行動指針

「望まれる奉仕」「弛まぬ努力」「活きた感動」「叶える夢」を確立します

経営基本方針

時代の変化とともに発生した地域社会の問題は、これを叶えるために、私たちは草の根から整備する。そのためには地域社会の中で、大人から生まれくる子供達までもが安心して生活できる社会を私たちは24時間365日、絶え間なく創造確立し揺り籠から墓場までの安心サイクルを創生し、感動の瞬間を創造する。そして、志を持って働く社員は地道な弛まぬ努力で社会から恩恵を受ける事ができる

ご挨拶

SANPOグループのホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

弊社は、平成8年10月28日に「有限会社三寶天壽企画」として、スタートして以来、山があり谷がありの24年間を辿ってまいりました。現在は「株式会社三寶天壽企画」へ名称変更、その他、社会福祉法人の「足跡の会」があり、グループ全体で≪ゆりかごから墓場まで≫を目標として、生命の誕生からその最後の場面に立ち合い、しっかりと経験をさせて頂くことが出来ました。これもひとえに弊社のあらゆる業種をご理解頂き長年にわたって、お客様をご紹介いただき、そこからご縁を頂き、お世話をさせていただくことが出来た事は、数多くのお力添えあっての事であり、心より深く感謝いたしております。

弊社はバブル崩壊後低成長期に創立し、時代の急速な変化に合わせ関連業種を増やしてまいりました。高齢化社会から高齢社会になり現在では超高齢社会になり、その時代に合わせて自宅や病院間の転院搬送を行う日本救急輸送センターを開設し、更に特別養護老人ホームの建設も行いました。

一方時代は少子化が進み、女性の社会進出などの変化に対応するため、平成6年に「エンゼルプラン」が策定され、更に、より具体化された保育等子育て支援サービスの充実のために「新エンゼルプラン」に変わり、現在では子ども・子育て応援プランのもと、平成25年「待機児童解消加速化プラン」が策定されました。その対策により本年綾瀬ゆめっこ保育園が誕生いたしました。

又、平成12年から弊社が進めてきました身寄りのない遺骨を埋葬する『遺骨を土に還そう運動』を平成27年度から社会福祉法人にて行っております。具体的には現在社会問題にもなっている超高齢社会に加え、離婚増加や家族関係の希薄により高齢単身になって死を向かえた引き取り手のないご遺骨や生計困難者のご遺骨の問題、そして以上の理由によりその遺骨を引き取る人がないという問題を解決するために無償もしくは低額にて埋葬をしてまいりました。

近年、社会福祉法が改正され、今後社会福法人は、社会福祉事業に係る福祉サービスの供給確保の中心的役割を果たすだけでなく、既存の制度の対象とならないサービスに対応していくことを本旨とする法人でなければならず、営利企業等では実施することが難しく、市場で安定的・継続的に供給されることが望めないサービスを供給することが求められ、すなわち、既存の制度の対象とならないサービスを無料又は低額な料金により供給する事業の実施が求められております。

時代が求める形に整い、本当の意味での福祉事業と公益事業、そして営利事業のすみ分けのスタートラインに立つことができました。今後、本グループは、なお一層の努力を惜しむ事無く、事業の実施をして行く覚悟でございます。

SANPOグループ 代表 溝渕信一

会社概要

弊社の所在地・連絡先、その他基本情報についてはこちらをご覧ください。

詳しく見る
採用情報

一緒に働く仲間を募集しています!やる気があれば未経験でも大歓迎です。

詳しく見る
採用情報

一緒に働く仲間を募集しています!やる気があれば未経験でも大歓迎です。

詳しく見る

お気軽にお問い合わせください。0120-0999-45受付時間:24時間受付(年中無休)

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。